用語集

IHT
HSTを内蔵したトランスミッション。元来、トランスミッションと油圧変速装置は別々のものであったが、神崎により、一体型のトランスミッションが開発された。
HST
油圧変速装置の一種。斜板の傾きに応じ、一定のエンジン回転から無段階に速度を取り出せる。
PTO
作業用の動力を取出す機構。一般的なガーデントラクタ用T/Mの場合、後部から出力軸が出ている。
イナーシャブレーキ
慣性の法則により作動するブレーキ機構。
オンデマンド4WD
路面状況に応じ、トランスミッションで2WDと4WDとを切り替える機構。
ガーデントラクタ
モアトラクタよりも大型で、芝刈りを含むガーデン作業全般に適している。農業用トラクタとは異なる。
湿式多板ブレーキ
駆動軸側と固定側(ケース側)等に設けた、油に浸された摩擦板により、駆動軸を制動させる機構。
ゼロターンモア(ZTR)
北米でよく見られる、その場回転ができる芝刈機。ZTRと略す。
タフトルク
1.KANZAKIが北米・欧州の芝刈機向けに開発した変速装置のブランド名。
2.上記変速装置を生産するKANZAKIの海外現地法人の名称。(本社:米国テネシー州モーリスタウン)
中立デテント
前後進レバーを機械的に中立位置に保つ機構をいう。
デフ機構
本機が滑らかに右左折できるよう、外側のタイヤと内側のタイヤとに回転差を設ける機構のこと。差速機構ともいう。
フルタイムドライブシステム(FDS)
HST及び遊星歯車を使用し、クローラ駆動の本機をレバーでなく、丸ハンドルで操舵できる仕組み。オペレータの負担が軽減される。
モアトラクタ
主として芝刈りに用いられる小型のトラクタ。
油圧取り出し
パワステ機構や昇降リフトといった油圧機器を作動させるためのポート。Aux.とも表現される。