製造現場での課題解決

現場のモノづくりは商品開発と並ぶ競争力の源泉です。お客様に課題解決を提供できる工場を目指し、自工程保証・自動化・改善活動などにより、より良い物をタイムリーに供給できる生産体制を構築しています。

  • 自工程保証
    後工程はお客様と考え、品質は各工程で保証します。自工程保証により場内不良撲滅を進めています。
  • 改善活動
    全員参加の改善活動で、品質向上と原価低減を日々追求しています。
  • 3S
    "製造現場で営業できる工場にしよう"をスローガンに3Sに取り組んでいます。
  • 自動化
    量産ラインと少量ラインを住み分けし量産品はロボットを最⼤限に活かし品質とコストを追及します。
  • オリジナル設備
    場内さまざまな工程で活躍する『KANZAKI』オリジナル設備。工作機械技術をフィードバックした独自の生産技術により、他社との差別化を図ります。
  • 段取りレス加工
    設備・冶工具を工夫し、多品種を段取りレスで加工。
    高品質、短納期を実現します。
  • 混流組立ライン
    当社の組立ラインはコンベア、冶工具を工夫し、1つのラインでさまざまな大きさ、形状の製品が組立可能です。
    お客様の要求に応じた製品を短納期でご提供致します。
  • 一貫生産体制
    工場内では一貫生産可能な生産体制を構築しております。加工~組立~出荷まで全体工程をにおいて、お客様の課題解決を提案させて頂きます。
  • 製造・販売・開発の融合
    製造・販売・開発オールスターで最適なものづくりを追求し続ける体制を実現しています。
  • パートナーと共存共栄
    協力メーカーと技術統合、共有をすることで、お客様に満足いただける様々な商品化を実現しています。
  • 世界最適地生産・最適地調達
    北米・アジアに生産拠点をもつ強みを生かし世界最適調達・生産をご提供いたします。
    各拠点にはマザー工場(猪名寺)で培った生産システムを展開しています。
  • デジタルエンジニアリング
    開発から製造まで、3次元CAD・CAM・CAE・ビューワーを用い、情報の一気通貫による"デジタルものづくり"に取り組んでいます。
  • プロジェクトヒストリーKANZAKIの製品開発におけるプロジェクトヒストリーをご紹介いたします。
  • KANZAKIが誇る技術KANZAKIの歯車解析や熱処理などの基盤技術・動力伝達などのコア技術についてご紹介しています。
  • 研究開発・モノづくり体制KANZAKIは近年、市場に近い場所での研究開発に取り組む体制を北米で展開し、また製造拠点をインドネシアに拡大するなどグローバルな体制により安定した品質・価格を提案します。